シニアから見た 激変のアイティー事情 とか ペットのアブさんの将来について とか 要するにxx以外何でもあり。
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

【2015.05.15 Friday 】 author : スポンサードリンク
| - | - | - |
シャープはどうしたの?
ソニーとかシャープとか、元気だった会社が虫の息になっています。
ソニーについては、その原因ははっきりと分かっています。世の中的には、ダメ社長が技術を大切にしなかったからだという事になっていますが、それは斜陽化を加速させただけ。本当の原因はもっと以前から社内的には分かっていたはずで、要するにデジタル技術者の数が少な過ぎたのです。つまり、先進イメージだけだったんですね。

で、シャープはどうしたの?良い液晶作ってたじゃないの。
今日、テレビでやっていました。「白物は生産競争になるだけだから、最先端の液晶に特化した。」そこで、分かりました。液晶ディスプレイは、人間に見せるものです。人間の目には、解像度の限界があり、行きつくところまで行ってしまえば、白物と同じ。要は、生産競争になるのは当然ですよね。テレビでは、そんなことは言わなかったが、考えて見ればそうですよね。
そんなことで、納得してしまっていいのかな?
【2015.05.15 Friday 17:48】 author : morikawa
| IT | comments(0) | trackbacks(0) |
エントロピーが増え続けている
世の中がだんだん見えてくると、「言葉って本当に無力だなぁ!」と分かってきます。すると、Blogなんてちっとも書きたくなくなる。でも、ほっておくとここのBlogは宣伝だらけ。ほっておかれてるBlogページに宣伝なんか入れても、ちっとも宣伝効果がない。つまり、作者に対する嫌味でしかない。

まあ、それもそうだが、「パキスタン:学校で銃乱射141人死亡 タリバン犯行声明」 これを知って、情けない気持ちにならない人がいるだろうか?
人間って、いつまでこんな情けないことをするのだろうか?
世界中で、領地の取り合いが続いている。アジアでも、中東でも、−−−。第二次世界大戦直前によく似ているらしい。繰り返しなのか?エスカレートしているのか?
答えは、風の中にあるんだろうか?

ある意味、答えは簡単なのかも知れません。「エントロピーは、時間とともに増大する。」子供の頃、エントロピーの増大則を知った時、こんなに意味のある法則とは知りませんでした。世の中、無秩序は増え続ける。そういうものなんだそうだ。

これは、地球レベルの小さいことじゃない。前世紀中ごろに、宇宙はインフレーションからビックバンが起こり、以来膨らみ続けていることが分かったこと。さらにその膨らみ方が時間とともに激しくなっているらしいという事。このまま続けば、人も地球も、すべての原子が素粒子に分解して、何もなくただでかいだけの宇宙になってしまうこと。すべては、エントロピー(混乱、無秩序)の法則にしたがっているらしい。答えは、風の中になんかあるんじゃない。その答えによって、この宇宙全体も支配されているようだ。
【2014.12.17 Wednesday 10:23】 author : morikawa
| 世の中 | comments(0) | trackbacks(0) |
喧嘩している中を横切るなんて
7月17日、ウクライナ東ドネツク州においてマレーシア航空機がロシア製の地対空ミサイルによって撃ち落されました。この地対空ミサイルは、昨日今日で訓練できるものじゃなく、中心となってやったのはロシアの軍隊に決まっています。誤射とはいえ、ひでえことをするじゃないか−−− もっぱらの報道です。下手をすると、大戦のきっかけになるんじゃないかとも言われています。
でも、待てよ。ウクライナの東地域と言えば紛争の真っただ中なんでしょう?そんな中に割って入って飛行している民間機も民間機でしょう。また、マレーシア航空がお騒がせですか。
事件?事故?どちらだと思いますか?ロシアが意図的に民間機を撃ち落したんなら、事件であることは明白です。でも、爆撃機と勘違いして民間機を誤射してしまったんなら、ロシアからしたら事故と言いたいでしょうね。大戦に発展させないためにも。

【2014.07.24 Thursday 08:53】 author : morikawa
| IT | comments(0) | trackbacks(0) |
パソコンが要らなくなってくれたら
出来そこないでおバカなことをやるパソコンですが、他に変わるものがないだけに長いこと必需品となっていました。メール、ホームページ、写真の整理、そしてOffice文書の作成、ファイルの整理等々。
そして、最近、Androidのタブレット端末を使い始めて、パソコンのかなりの用途がそれに置き換えることが出来まして、今まで一日に5−6回は立ち上げていたパソコンが、1日1回程度にすることが出来ました。あっという間に起動して、何の自己矛盾もなく使えるタブレットを1日に何度も立ち上げると、実に気分もスッキリです。Windows8のタブレット?? そんなの売れるはずがないでしょう('ω')ノ
まず、メールチェックはOK、書くならパソコン。ホームページを見るならタブレット、書くならパソコン。写真も見るだけならタブレット、画像処理と整理はパソコン。Office文書はMicrosoftがデ・ファクトですから、パソコン。文書の整理もHDDですからパソコンですかね。
そう、考えると、今後期待したいのはChromebookというパソコン。ホームページ中心で、アプリも文書管理もすべてネットワークの中にあるので、トラブルやセキュリティも強いことが期待できます。あの中途半端でおバカなMicrosoftのパソコンのようなものでないことを、大いに期待しています。
【2014.05.06 Tuesday 11:22】 author : morikawa
| IT | comments(0) | trackbacks(0) |
報道は、結果に影響を与えるな
それほど興味はないんだが、ソチで冬季オリンピックをやっている。現地まで必要のない取材に行ったり、報道関係は大はしゃぎだ。
アイススケートの男女6人とか、ジャンプのおじさんと少女とか、カーリングの団体とか、報道陣のお目当ては決まっている。まず彼らが、日ごろいかに素晴らしいかから始まり、ソチでいかに好調かを報道し、出番の前日あたりには「この選手には、xxxという特別なドラマがある。」から負けるわけがないと繋がる。
その結果、取りあえずメダルが取れたのはアイススケートの男の子とジャンプのおじさんだけ。その2人にはその後も延々とドラマが続く。ドラマと雪の情報で、他にはニュースがない。
じゃあ、オリンピックでは日本はメダルが2つだけかと言うと、スキーやスノボーでマスコミからは聞いたこともないような選手が突然活躍して意外と沢山とれている。
「マスコミが報道した選手が、たまたまメダルを取れていない。」のではない。「報道し過ぎるから、メダルが取れない。」と見るのが自然でしょう。つまり、報道が結果に影響を与えてしまっているんだ。これはいけない。
誰かが言っていた。本当のスポーツを報道する姿勢は、「スポーツはただ伝えるだけでドラマより面白いはずだ。」ということを通すことだと。筋書きのないドラマに、筋書きを作ってしまってはいけない。
【2014.02.22 Saturday 09:59】 author : morikawa
| スポーツ | comments(0) | trackbacks(0) |