シニアから見た 激変のアイティー事情 とか ペットのアブさんの将来について とか 要するにxx以外何でもあり。
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

【2015.05.15 Friday 】 author : スポンサードリンク
| - | - | - |
エントロピーが増え続けている
世の中がだんだん見えてくると、「言葉って本当に無力だなぁ!」と分かってきます。すると、Blogなんてちっとも書きたくなくなる。でも、ほっておくとここのBlogは宣伝だらけ。ほっておかれてるBlogページに宣伝なんか入れても、ちっとも宣伝効果がない。つまり、作者に対する嫌味でしかない。

まあ、それもそうだが、「パキスタン:学校で銃乱射141人死亡 タリバン犯行声明」 これを知って、情けない気持ちにならない人がいるだろうか?
人間って、いつまでこんな情けないことをするのだろうか?
世界中で、領地の取り合いが続いている。アジアでも、中東でも、−−−。第二次世界大戦直前によく似ているらしい。繰り返しなのか?エスカレートしているのか?
答えは、風の中にあるんだろうか?

ある意味、答えは簡単なのかも知れません。「エントロピーは、時間とともに増大する。」子供の頃、エントロピーの増大則を知った時、こんなに意味のある法則とは知りませんでした。世の中、無秩序は増え続ける。そういうものなんだそうだ。

これは、地球レベルの小さいことじゃない。前世紀中ごろに、宇宙はインフレーションからビックバンが起こり、以来膨らみ続けていることが分かったこと。さらにその膨らみ方が時間とともに激しくなっているらしいという事。このまま続けば、人も地球も、すべての原子が素粒子に分解して、何もなくただでかいだけの宇宙になってしまうこと。すべては、エントロピー(混乱、無秩序)の法則にしたがっているらしい。答えは、風の中になんかあるんじゃない。その答えによって、この宇宙全体も支配されているようだ。
【2014.12.17 Wednesday 10:23】 author : morikawa
| 世の中 | comments(0) | trackbacks(0) |
捕まえてやるぞぉ
「もしもし、誰?せがれだろ!」
「どうしたぁ?カバンでもどっかに忘れたかぁ?それとも、妾をはらませたか?」
「心配するな。2億円や3億円、いつでも現金で用意してあるから、すぐに取りに来い。」
こんなんで、オレオレ詐欺が引っかからないかなぁ。ちっとも電話かかってこないなぁ。俺に息子がいないこと、知ってんのかなぁ。
【2013.12.05 Thursday 14:17】 author : morikawa
| 世の中 | comments(0) | trackbacks(0) |
IOCって?
IOCが2020年オリンピック開催国に日本を選んでくださいました。アリガタイコトデ−−−
IOCとは、各オリンピック大会を運営する各大会組織委員会の親組織であり、−−−略−−−「オリンピック・ムーブメント」の運営統括団体だそうである。そのIOCに一言「TOKYO」と言ってもらうためにどれだけ苦労したことだろう。
日本は、「金のかからない運営」を一つのポイントにして評価されたらしいが、IOCはオリンピック招致にはいくら金をかけてくれても嬉しいものらしい。そして、最終プレゼンなどと言うことをやらせる。そのプレゼンの良さ/まずさで、気持ちを変える委員が大勢いるらしい。「それまでにお前らは勉強していないのかよ。」3都市の中でどこが一番選手のためになるのか?何回も行って、その度に持て成されていたんだろう。決めるときはネット投票で十分じゃないか。いやいや、そんなせこいことを言っていてはいけないのだ。
伺うところによると、IOC委員とは貴族の末裔が多いらしい。だから、公用語はフランス語なのだ。貴族にとってスポーツとは、その昔金にあかして楽しんだ道楽の一つなのだ。「金もあるし、音楽家でも雇うか、女遊びか、いやいや強い男を囲って隣の王の男と戦わせてみよう。」そんなことなのだ。だから、オリンピックは都市にやらせてやるもの。おべんちゃらを言われて何が悪い。最後まで持て成した都市にやらせるものなのだ。
彼らがひれ伏するのはただ一つ。それは皇室。王室。だから、高円宮妃久子様には彼らは直立不動だったらしい。

【2013.09.08 Sunday 09:07】 author : morikawa
| 世の中 | comments(0) | trackbacks(0) |
芸能人にメシを食わせるなよ!
テレビをつける。チャンネルを廻す。時々、NHK以外の全局CMということもある。NHKは、自局の番組のCMをやっていたりする。
たまにCMじゃないと思うと、たいてい芸能人にメシを食わせている。旅行先で、スタジオで、名品/名店の料理と称してメシを食わせている。そして、何故か判を押したように「美味い」らしいのだ。一度でも、「これは、美味いとは思えないから、他の店へ行ってみましょう。」などと言ったことはない。他に候補はないのだ。
極めて安直、無能なのだ。しょうがないから、テレビを消す。
そんな中、たまたま「キューピー3分クッキング」に出くわした。僅か3分間で、料理を作ってしまう。カメラの角度、時間の配分、セリフ、すべてが視聴者にも同じ料理を作らせることだけを考えて作っている。そして、料理番組のくせに何と食べないのだ。食べて「今日のXXも美味しくできました。」とやっても少しも不自然じゃないのに、食べないのだ。3分間きっちり作って、やっとできた所で終わりとなる。どうせ食べても、「美味しくできました。」に決まっているからだ。この番組が、視聴者を飽きさせない、長寿の秘密に、他のテレビ番組はもっと学ぶべきだ。
【2013.07.13 Saturday 23:34】 author : morikawa
| 世の中 | comments(0) | trackbacks(0) |
スピードラーニングはゴルフのホームラン王 かな?
遼君は考えた。「スピードラーニングって、凄いぞ。なんせ、聞き流してるだけで英語が話せちゃったんだからな。何で聞くだけで話せんのか知らんけど、兎に角話せちゃったんだからな。」
さらに遼君は深く深く考えた。「最近、俺のことをもう限界だという奴がいる。英語の教師にでもなったらどうだとか−−−。そうだ、ゴルフもスピードラーニングで行きゃいいんだ。最近の行き詰まりを突破できるかもしれんぞ。聞き流してれば上達するんだからな。よおし、聞くぞぉ。」
かれは、それ以来、タイガーのインパクトの音を聞き続けた。ドライバーからチップショット、そしてパターまで、休みなく聞き続けた。ずーっと聞き続けた。練習も惜しんで、ひたすらインパクトの乾いた「キン!バッキン!コツン!」という音を聞き続けた。
果たして、スピードラーニングは遼君を救えるのか?遼君に明るい明日は帰ってくるのであろうか?頑張れ、遼君!
【2013.01.24 Thursday 23:02】 author : morikawa
| 世の中 | comments(0) | trackbacks(0) |