シニアから見た 激変のアイティー事情 とか ペットのアブさんの将来について とか 要するにxx以外何でもあり。
 
相撲の世界が乱れきっていますね
最近は、テレビをつけると相撲の話ばっかり。それも、乱れきってメチャクチャ、に見える。出口がない。時間が解決するとでも思っている。

基本的な問題は、
・相撲は、スポーツなのか?それとも神技なのか?
それがはっきりすれば、すべて片付く。

「横綱は張り手はいけない!かわるのは卑怯だ!」これは神技なればこそ。スポーツであれば、ルールの中ではすべて認められる。(パトミントンは、羽根を相手がいない場所に落とすのは鉄則。決して、卑怯!とは言われない。)

では、相撲は神技だ。スポーツじゃない。
だとすると、すべて許される。彼らがやっているのは、人間ではなくて、神の庭での出来事なんだから。相撲取りが暴力をふるったり、「あいつが出るなら巡業に行かない。」とごねてみたり。更には、「ゴツン!ゴツン!」と頭をぶつけあって脳みそメチャクチャになってる人が相撲協会のリーダーになって仕切ろうとしたり。

もし、スポーツなら、例えば暴力をふるえば、その部屋は直ちに出場を自粛するとか、当たり前のことを普通にやれば、力士たちも普通に真面目なことをやって、続いている不祥事もなくなるはずです。

だから、もう一度かくけど、
・相撲は、スポーツなのか?それとも神技なのか?
それがはっきりすれば、すべて片付く。


と、思う(^^)/
【2017.12.04 Monday 10:38】 author : morikawa
| スポーツ | comments(0) | trackbacks(0) |
報道は、結果に影響を与えるな
それほど興味はないんだが、ソチで冬季オリンピックをやっている。現地まで必要のない取材に行ったり、報道関係は大はしゃぎだ。
アイススケートの男女6人とか、ジャンプのおじさんと少女とか、カーリングの団体とか、報道陣のお目当ては決まっている。まず彼らが、日ごろいかに素晴らしいかから始まり、ソチでいかに好調かを報道し、出番の前日あたりには「この選手には、xxxという特別なドラマがある。」から負けるわけがないと繋がる。
その結果、取りあえずメダルが取れたのはアイススケートの男の子とジャンプのおじさんだけ。その2人にはその後も延々とドラマが続く。ドラマと雪の情報で、他にはニュースがない。
じゃあ、オリンピックでは日本はメダルが2つだけかと言うと、スキーやスノボーでマスコミからは聞いたこともないような選手が突然活躍して意外と沢山とれている。
「マスコミが報道した選手が、たまたまメダルを取れていない。」のではない。「報道し過ぎるから、メダルが取れない。」と見るのが自然でしょう。つまり、報道が結果に影響を与えてしまっているんだ。これはいけない。
誰かが言っていた。本当のスポーツを報道する姿勢は、「スポーツはただ伝えるだけでドラマより面白いはずだ。」ということを通すことだと。筋書きのないドラマに、筋書きを作ってしまってはいけない。
【2014.02.22 Saturday 09:59】 author : morikawa
| スポーツ | comments(0) | trackbacks(0) |
大相撲? 八百長やってたよ
以前から、携帯の消去したメモリーも復元できるよなぁ!と漠然と考えていたんですが、やっぱり危険だったんですね。しかも、それ以上完全消去しようがない。消したはずのメールが出てきて、相撲取りさぞ慌てたことでしょう。
それはそうとして、大相撲に八百長がないなんて信じていた人がいるんでしょうか?表に出たからといって大騒ぎするとは、子供みたいな協会ですね。
私は、大相撲横須賀場所とか言う地方巡業で、あからさまなイカサマを沢山目にして吐き気がしたのを思い出します。まるで真剣味のない馴れ合い相撲の繰り返し。しかも、誰の目にも分かる。ご贔屓筋と言われる人はこれで満足しているのでしょうか?もっと怖いのは、「これでいいのだ。」と思ってしまう相撲取り達です。これが日常的にやられているんだから、当然本場所でも八百長が蔓延しますよ。だから、相撲界に八百長はあって当然。表に出るまでに根を絶たなかった経営者が悪い。(そういえば、「経営者」などという言葉は、相撲界にはないのか。)
大相撲なんて、もう返しちゃえよ。モンゴルに。ついでにNHKもそっくり付けてさ。
【2011.02.03 Thursday 12:38】 author : morikawa
| スポーツ | comments(0) | trackbacks(0) |
氷の張る大海へ
このところ、釣れもしないのによく船を出します。

日曜日、船置き場に行ってみると、ホロの上に雨水が溜り、見事に凍っていました。
この写真は、ホロを取り去るときの物。



それにしてもこの季節、この日も何にも釣れませんでした。
【2010.02.18 Thursday 21:31】 author : morikawa
| スポーツ | comments(0) | trackbacks(1) |
クルーザーに乗った


油壺 小網代湾のマリーナで船舶免許を取ったら、クルーザーに一日試乗させてくれた。練習や試験に使った小さなクルーザーと違って、23フィート、けっこう大きなやつだ。最初ちょっとマリーナの人が同乗して、後は自由に海に乗り出して行く事ができた。
車でも教習中と実際の運転とは違うように、クルーザーも練習中とは楽しさの次元が全く違う。これは、やめられないね。
【2009.02.22 Sunday 17:09】 author : morikawa
| スポーツ | comments(0) | trackbacks(2) |