シニアから見た 激変のアイティー事情 とか ペットのアブさんの将来について とか 要するにxx以外何でもあり。
 
<< デジタル フォトフレームを作ってみた<その5> | main | ハシボソガラスの誤解 >>
ハシボソガラス
先週、久しぶりに表参道に出ました。
ふと、街路樹を見上げると、1羽のカラスがいました。なるほど、都会中の都会 表参道だけに、ちゃんとハシボソガラスでした。納得して、なんだかほっとした気持ちでした。
印象的だったのは、そのハシボソガラスが、街路樹の細い細い枝先にとまっていたことです。直径3mmくらいでしょうか。ブラブラと枝がしなっています。やがてそのハシボソ君は自分の足の先の枝をくちばしで折ってくわえました。細い枝がほしくてあのようなところにとまっていたんですね。
よく見ると、直系3mmの枝にあの大きな足の指を必死に折り曲げてとまっています。電線でもとまっていられるんですから、けっこうギューッ!とつかまれているんでしょうね。
樹上生活をしている小鳥の中には、指が何かに触れると反射的にギューッ!と握り締めることしかできない鳥が多いものです。だから彼らは、常に枝の上にいる。決して地面には降りられない。何故ならどうしても、グーを出してしまうからです。そこへいくとカラスは自由自在。枝の上ではグー、地面の上ではパー、教えればチョキだってできるかもしれません。
そういう意味ではハトも機用ですよね。枝にもとまれれば、地面で餌も食べることができる。しかし、地面モードのとき、ハトはトコトコ歩きしかできないのに対して、カラスはさらに両足をそろえてピョンピョン跳びができるんですよ。
カラスって、凄いなぁ。あらためて考えてしまいました。
【2008.04.21 Monday 09:33】 author : morikawa
| 自然、動植物 | comments(1) | trackbacks(5) |
スポンサーサイト
【2017.12.04 Monday 09:33】 author : スポンサードリンク
| - | - | - |
この記事に関するコメント
大阪城公園には、ハシボソがかなりいます。
カラスは体は結構大きいけれど、意外に軽いのではないでしょうか?
カラスといえば、今年の1月に琵琶湖の湖北にコハクチョウとオオワシを見に行ったときに、ミヤマカラスの群れに出会いました。畑の中に展開していました。

| pegasus | 2008/04/21 9:24 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://morikawa.jugem.cc/trackback/348
トラックバック
福井 税理士
福井 税理士
| 福井 税理士 | 2008/04/21 3:07 PM |
ラーメン
日本全国のラーメン・うまいラーメン屋情報を掲載しています。ラーメンファン必見です♪ 情報は掲示板にて随時更新致しております。ぜひご覧ください♪
| 地域自慢♪ラーメン情報 | 2008/04/28 1:42 PM |
巨乳 谷村奈南 現役女子大生シンガー お宝 動画 画像
2008年初頭、音楽サイト「MSNミュージック」の 「今年ブレークが期待されるア...
| 巨乳 谷村奈南 現役女子大生シンガー お宝 動画 画像 | 2008/05/03 1:00 PM |
鳩ハト退治駆除対策なら鳩ハト退治駆除対策情報NAVI
鳩ハト退治駆除対策なら鳩ハト退治駆除対策情報NAVIにお任せください
| 鳩ハト退治駆除対策なら鳩ハト退治駆除対策情報NAVI | 2008/05/03 3:37 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2008/11/23 7:08 PM |