シニアから見た 激変のアイティー事情 とか ペットのアブさんの将来について とか 要するにxx以外何でもあり。
 
<< がん細胞vsアポトーシス | main | 考えると眠れなくなる話(その1) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

【2017.12.04 Monday 】 author : スポンサードリンク
| - | - | - |
Google公式サイトに大量のAndroid不正アプリ
Google公式サイトに大量のAndroid不正アプリ

かなりショッキングな内容が書かれています。Google PlayというAndroid公式サイトでは、公式アプリをさらに5段階評価しているのですが、その評価が高くても安全ではなかったんですね。

Googleのビジネスモデルは検索サイトを利用してもらうことであり、そのチャンスを広げるためにいろんなことをやっている分けです。独自のブラウザを出したりAndroidというOSを提供するのもその一つで、だから無料で提供する代わりに何一つ責任を持たないというのがその事業スタンスです。
ですから、ユーザーが作ったAndroidアプリに個人情報を盗むものがあってもそれはGoogleの問題ではないし、その範囲で無料提供するから後は提供された側で勝手にやってくれと言うことになっています。
例えば、スマートフォンなどは個人情報の塊のような機器ですから、本来メーカーや通信事業者がその点にお金をかけなくてはいけないのにあまり何もしていない。だから、Google Playなどという本来無責任であるはずのサイトに過度の期待を抱くことになる。逆にAppleのスマートフォンiPhoneは、かなりの範囲で責任を持ったアプリをApple Storeで提供している。
つまりは、無償提供されたOSで作ったAndroid PhoneをiPhoneと同じような値段で売っている通信事業者やメーカーが非難されなきゃいけない分けで、今はスマートフォン買っていろんなアプリを楽しむならiPhoneにしなくちゃ危ないし、アプリ入れないなら従来の携帯電話の折れるやつを使った方が操作性がいいということになります。

因みに、7"とか10"のPadを買うなら話は微妙ですね。アプリ入れなきゃ話にならないけど、Androidの方がかなり安い。お金があるならiPad、そうじゃなきゃAndroid Padをあまり個人情報と無関係な環境で楽しむってところですかね。
【2013.03.15 Friday 16:16】 author : morikawa
| IT | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
【2017.12.04 Monday 16:16】 author : スポンサードリンク
| - | - | - |
この記事に関するコメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://morikawa.jugem.cc/trackback/586
トラックバック