シニアから見た 激変のアイティー事情 とか ペットのアブさんの将来について とか 要するにxx以外何でもあり。
 
<< 嗚呼、タッチパネル(その2) | main | 宇宙船の操縦に学べ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

【2017.12.04 Monday 】 author : スポンサードリンク
| - | - | - |
IOCって?
IOCが2020年オリンピック開催国に日本を選んでくださいました。アリガタイコトデ−−−
IOCとは、各オリンピック大会を運営する各大会組織委員会の親組織であり、−−−略−−−「オリンピック・ムーブメント」の運営統括団体だそうである。そのIOCに一言「TOKYO」と言ってもらうためにどれだけ苦労したことだろう。
日本は、「金のかからない運営」を一つのポイントにして評価されたらしいが、IOCはオリンピック招致にはいくら金をかけてくれても嬉しいものらしい。そして、最終プレゼンなどと言うことをやらせる。そのプレゼンの良さ/まずさで、気持ちを変える委員が大勢いるらしい。「それまでにお前らは勉強していないのかよ。」3都市の中でどこが一番選手のためになるのか?何回も行って、その度に持て成されていたんだろう。決めるときはネット投票で十分じゃないか。いやいや、そんなせこいことを言っていてはいけないのだ。
伺うところによると、IOC委員とは貴族の末裔が多いらしい。だから、公用語はフランス語なのだ。貴族にとってスポーツとは、その昔金にあかして楽しんだ道楽の一つなのだ。「金もあるし、音楽家でも雇うか、女遊びか、いやいや強い男を囲って隣の王の男と戦わせてみよう。」そんなことなのだ。だから、オリンピックは都市にやらせてやるもの。おべんちゃらを言われて何が悪い。最後まで持て成した都市にやらせるものなのだ。
彼らがひれ伏するのはただ一つ。それは皇室。王室。だから、高円宮妃久子様には彼らは直立不動だったらしい。

【2013.09.08 Sunday 09:07】 author : morikawa
| 世の中 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
【2017.12.04 Monday 09:07】 author : スポンサードリンク
| - | - | - |
この記事に関するコメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://morikawa.jugem.cc/trackback/594
トラックバック